フリーランス翻訳者の所感雑感


by efu18
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

勉強は続くよ

前回の通信講座を夏に終え
今月からまた別の講座を受講し始めました。

副業から専業にかわり
3年目まで順調に進めたと思いますが
4年目になって過渡期を迎えているのかもしれません。
初心に帰るというか、
今の感覚に少し変化をつけないといけないと感じることが出てきました。

どの仕事でも
いいことも 悪いことも 楽しいことも 辛いこともあるわけで
ときに キーーーーーーーーーーっ となることもありますが
なんだかんだ言っても翻訳は好きなので
今後も続けられる限り続けたいものです。

ということで
今回の通信講座(半年)も完走目指して
その後の翻訳人生に活かせるように
ゴー、ゴー、わたし
なのです。



[PR]
# by efu18 | 2018-10-16 10:49 | Study

10月は私用がてんこもり

この10月は家の事情でおそらく半数くらいしか働けません。
労働と収入が直結するのがフリーランスの怖いところ。

これに増して怖いのは
仕事をしなくなると
そのペースに慣れてしまうという恐れ。
働かずにすむなら働きたくないという本能が危険です。

そして、動かなくなったもの(頭)を
動かすようにするのは
ちょっと時間かかります。

10月をどう乗り切って
どう11月に備えましょうかね。






[PR]
# by efu18 | 2018-10-02 13:23 | Daily Life

WON'T BE LONG

好きな曲と聞かれて思いつく曲ではないけど
ふいに耳にすると ある瞬間を思い出して
ノスタルジックな気持ちになる
という曲があるものです。

そのうちの1つがバブルガムブラザーズの

もう30年近く前の秋。大学生だった頃。
サークルの大学祭の準備で授業後、毎日夜まで部室にいた。
大祭宣伝のために繁華街を仮装行列で歩くとかあって
衣装をつくったり、
当日発表用の展示やスライドをつくったり。
いろいろもめたり、怒ったり、泣いたり、笑ったり。
その大祭の後夜祭で、この曲が流れ
普段おとなしい先輩が楽しそうに踊っているを見て
いつもと違う、夢の中にいるような気がした。
"ひとつのイベントが終わる"
という 達成感なのか気が抜けたのか
ふわっとした、何か違う世界にいる感じ。

時がたてばたつほど
「ああ、懐かしい」と思いで一杯になる一曲。








[PR]
# by efu18 | 2018-09-28 22:21 | Music

三連休ですし

いろいろありますが
反省すべきことは反省し
やるべきことをやって
次に進む。
前進あるのみ。


で、とりあえず三連休だし、久々に天気もよいし、景気づけ。
日本酒2本と赤ワイン2本購入しました。

お店にの方に「香り高いのが飲みたい」と伝えて
勧めていただいた中からこちらを選択
・ひやおろし 惣誉
・無濾過生原酒

そして、イオンで大特価になっていたので、ついつい購入
・Chianti Classico Riserva Rancia 2012
・BAROLO RISERVA DOCG BEL COLLE 2009

今夜は和食で 望 にします。
たのしみ♪




[PR]
# by efu18 | 2018-09-22 17:08 | Daily Life

重石付きで沈んでます

わたし史上最大につらい案件が2件つづいた。

打診された時から不穏な空気は感じていたのに、受けた自分が悪い。

つらい仕事というのは、訳す内容がどうこうではなく、
翻訳に付随する手間や精神的負担が大きいもの。

あまりのストレスで
期間中はもちろん、納品後にまで夢に出てくるほど
今回は本気でまいってしまった。

それでも 作業中は
「受けた以上、 翻訳会社の人には迷惑をかけたくないからがんばろう」
と思ったんだけど
現実はどこまでも現実だった。

今回の教訓:心にひっかかりのある仕事は受けないこと








[PR]
# by efu18 | 2018-09-21 21:57 | Job